店舗解体はこんな風に

店舗解体についての情報がいっぱい!

解体せずに退去はできる?

解体せずに退去はできる? 店をたたむ際に、事業者の負担となるものの一つが店舗解体にかかる費用ではないでしょうか。
特に売上げの減少など経営の悪化を理由に店を閉める場合、建物の取り壊しにかかる費用を抑えて退去したいと考えている店主も多いでしょう。
実際、店舗を閉めた後の使い道などをあらかじめ検討しておけば、解体をせずに退去することは可能です。
例えば、店をそのままの状態で他のオーナーに譲るなどして、飲食店であれば飲食店のまま用途を変えずに店を利用し続ける場合などです。
このケースでは、厨房や飲食をするスペースなどは大きく変更せずとも新しい店として使用し続けることが可能であるため、店を取り壊す必要はありません。
飲食店に関わらず、アパレル系のショップなど様々な職種で同じように店を再利用することは可能です。
店内の劣化の修繕やリフォームを行ったとしても、すべてを取り壊して一から立て直すことに比べると、大幅に費用を抑えることができます。

店舗を解体しようと思ったとき構造によって価格は違う

店舗を解体しようと思ったとき構造によって価格は違う 店舗を解体しようと思った時、その費用はいくら位かかるものか気になるものです。
それは店舗の構造による、工事の作業内容で違ってきます。
中でも木造の場合は作業が簡単なので、重機の使用量が少ないためその費用も安くて済みます。
反対に構造が鉄骨やRCだったときは重機の使用量や工事の作業量が多くなるため費用も高くつきます。
その他に解体で出た、廃棄物量によっても違ってきます。
廃棄物がたくさん出ればそれだけ費用も高くなるというわけです。
この場合でも木造が一番廃棄物が少なく、それは鉄骨やRCよりも極端に少ないため処分費用も少なくて済みます。
量ではなく廃棄物の種類でも処分費用は変わってきて、それがリサイクルできる廃棄物であったら費用は安くなります。
廃棄物の処分は地域によって異なるので、担当地域のところに聞いてみるのが安心です。
また業者を頼むとき、それらの作業が得意なところと苦手なところがありますので、よく業者を調べてみることをお勧めします。

新着情報

◎2020/10/27

解体せずに退去はできる?
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

店舗解体工事にかかる時間
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「解体 退去」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 店舗解体はこんな風に All Rights Reserved.