店舗解体はこんな風に

店舗解体についての情報がいっぱい!

店舗解体にまつわるトラブル

店舗解体にまつわるトラブル 店舗解体では近隣との揉めごとや見積もり金額を超えた費用の要求など、さまざまなトラブルが起こることがあります。
音や振動、ホコリなどの問題が発生した場合、業者がクレーム処理をしないことがあり、そうなると発注者であるお客の責任問題に発展してしまいます。
近隣が店舗でなおかつ近い場所に複数存在する場合、不適正な近隣対策はそういった店舗にダメージを与え、結果的に正常な営業の妨げと判断されて補償を行う必要性が出てくることも可能性としてあり得ます。
また、解体工事が終わってしばらくしてから金額が当初の予定とは全く異なる請求書が届き、それに対して問い合わせても「特記事項の中に別途費用がかかる場合は請求できる」と言って業者側が引き下がらないこともあります。
そのまま民事訴訟に発展して最終的に支払いの必要がないと判断されたとしても、余計な厄介ごとに巻き込まれたという事実は残ってしまいます。
他にも発注者の意向と異なる工事や配線・配管の破損など、あらゆるトラブルが存在します。

店舗の解体をする時は不安を感じてしまいがちです。

店舗の解体をする時は不安を感じてしまいがちです。 飲食店や小売店等の店舗を様々な理由から解体しなければならなくなってしまう場合、例えば運営するのがその店舗だけだったとすると様々な重要な書類や情報がそこに存在する事になりますので不安に思ってしまう方が少なくはありません。
もちろん解体自体は業者に依頼する事になるはずですが、その業者が本当に信頼できるのかという確認を大前提として、後始末のつもりで依頼する前にしっかりと1から整理する必要があります。
社外秘となる書類等は時に個人情報など流出してしまうと大問題になるような情報があり、その処理は事前に行わなければなりません。
その情報をその後利用する予定があるのかどうか、あるのであればしっかりと漏れない様に保管します。
必要ないのであれば紙媒体で保存しているのであればシュレッダーにかけた上で処理し、データで保存しているのであれば復元できない様に削除するべきです。
要は不安を感じない様に事前準備を行い、その上で業者に依頼しましょう。

新着情報

◎2020/06/15

サイト公開しました

「解体 トラブル」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 店舗解体はこんな風に All Rights Reserved.